医薬品製造|医薬品卸売|置き薬|健康食品|化粧品|近江製薬株式会社

 
   
滋賀県のくすりの歴史
日本の真ん中、琵琶湖のある近江(滋賀県)の薬の歴史は遥か古代にさかのぼります。
 
史実によると、奈良時代、天智天皇が近江で「薬猟」をされたという記録が残っています。  
日本最古の和歌集である万葉集の中には、
「あかねさす紫野ゆき標野行き 野守は見ずや君が袖ふる」
と詠まれた和歌が有りますが、これは当時近江で行われた「薬猟」の際、額田王(ぬかたのおおきみ)が大海人皇子(おおあまのおうじ)に送った恋の歌とされています。
 
また、滋賀の最高峰・伊吹山は薬草の産地として有名です。
織田信長公は植物の種類が豊富であった伊吹山に目を付け、薬草園を開き、ポルトガルの宣教師に命じて薬草栽培を始めました。
 
このように、滋賀県は昔より様々な種類の薬草が豊富で、薬草栽培に適した風土、自然環境に恵まれていたのです。
 

薬猟の図(滋賀県蒲生野)

薬猟の図(滋賀県蒲生野)
 
   
くすりの町甲賀

甲賀は近江の国(滋賀県)の南端、三重県の伊賀と境を接しています。

甲賀の薬は、かつて全国を駆けめぐっていた甲賀忍者の経験を生かしてあみだされ、配置売薬により広まりました。

配置売薬とは、薬箱を置かせていただいた各家庭を定期的に(年2~3回)訪問し、その時使用していただいている薬の代金を精算し(先用後利)、また薬を補充していく販売方法です。

何十年と同じ家庭を訪問させていただいている場合が多いのです。

 

おうみだより

おうみだより
フォーム
 
萬感太郎 鳥羽の国へ行く
2014-12-12
皆さんこんにちは、萬感太郎です。
前回の更新から季節はあっという間に移ろぎ、今年も残すところ数日となりました。
車通勤の太郎と花子。近頃は車を温めながら真っ白に覆われたフロントガラスの霜を解かし、花子の支度を待つ毎朝です。
 今回は2週にわたり、配置薬のお得意様廻りで訪問した場所をご紹介したいと思います。
 
第一回目は、三重県は鳥羽の答志島です。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%94%E5%BF%97%E5%B3%B6
戦国時代、九鬼水軍の根拠地と云われた答志島。
戦国武将が大好物で信長の野望に慣れ親しんだ萬感太郎としてはテンションが上がる訪問地です。
鳥羽からフェリーで向かう萬感太郎の心境は、毛利水軍と決戦する九鬼水軍の総大将・九鬼嘉隆の気持ちと当にシンクロするのであります。
 
 細く入り組んだ路地の両脇にはびっしりと家が建て込み車は通れません。
島内の移動手段は徒歩のみ。
重たい薬箱を担いで家々を廻るのは過酷なお得意様廻りでしたが
美しい景色や島内の人々の優しさ、海の幸に癒され
来春の訪問が今から待ち遠しい萬感太郎でした。
 
 こんな感じで、次回静岡編に続く・・・
qrcode.png
http://ohmi-seiyaku.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<近江製薬株式会社>> 〒520-3426 滋賀県甲賀市甲賀町田堵野935 TEL:0748-88-2120 FAX:0748-88-5392